FC2ブログ

【趣旨】 : 人生や仕事で失敗したことはありませんか?どうすればいいのか・・・?悩んだことはありませんか? サービス・CS・品質保証・苦情・クレーム・マネジメント・ISO9001,QMS・教育、現場と管理、システム構築等、あらゆる分野に携わり30数年。 社内外を通じ、指導した企業は200社以上。 これまで培ってきたノウハウや智恵を、今、人生の後輩に伝えたい事が沢山あります。 【クメール】を通じ、仕事は勿論、人生を豊かにするお手伝いをします。 思いを込めて。 [クメール伝道師]


タイトル画像

【クメール】  『七夕の雨に思う』 七夕に流す涙は、滂沱(ぼうだ)たり・・・。

2020.07.07(00:01) 4851

【クメール】
  『七夕の雨に思う』 七夕に流す涙は、滂沱(ぼうだ)たり・・・。



七夕はいつも雨が降る

  降る雨は織姫と彦星が流す涙 滂沱たり。

年に一度しか会えないのに・・・。 

  会いたい会いたいその一心が悲しみの雨となり

水かさを増して、二人を益々会えなくさせる。

  哀しみに打ちひしがれて、悲嘆のトンネルから抜け出せなくなり、ついには溺れてしまう・・・。

悲しみのトンネルの中で長居は無用。

  又会える希望と幸せ求め、後一年待ち続ける。

 涙枯れても希望は枯らさず、捨てないで・・・。

  君の涙は滂沱(ぼうだ)たり。

来年も、再来年もまた雨なら・・・。

  逃げ水の如く、行っても行っても、遠のく再会。 失う希望。

カササギさん、お願い、二人を助けて・・・。

二人の距離は16光年、どうして毎年会えるのか・・・。

  そう、二人の思いは瞬時にタイムスリップ!!

でも、悲嘆の心、諦めの心が望みを余計遠ざけていく。

  心が引き裂かれ、悲しみにくれても、幸せ明かりの見えぬ無限地獄に入り込まぬよう

どうにもならぬことに心を砕いて、心まで砕け散ってしまわぬように・・・。

  『腐る心が、腐らせる。』

 雨のち晴れ  雨によって、生きとし生けるもの

   みずみずしく蘇えり、又日は昇る

■七夕(棚機)伝説
天帝の娘、織女は、機(ハタ)を織るのが仕事。
仕事ばかりする織女を心配した天帝は、娘を天の川の向かい岸にいる牛飼いの彦星(牽牛)と引き合わせた。
二人は恋に落ち、お互い夢中になり仕事を全くしなくなってしまった。
それをみた天帝は怒り、二人を天の川の両岸に引き離してしまった。
打ちひしがれた二人の様子を哀れに思った天帝は、年に一度、7月7日の夜にだけ会うことを許した。
7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増して二人は会うことができない。
それを哀れんで、どこからか無数のカササギがやってきて、天の川に橋を架けてくれるかも…。

■七夕(棚機)の由来
七夕は五節句の一つ。 旧暦7月7日 = 8月16日夜
奈良時代に、日本の棚織女(たなばたつめ)の伝説と合わさった
棚機女(たなばたつめ)の伝説(古事記)
村の災厄を除いてもらうため、水辺で神の衣を織り、神の降臨を待つ棚機女という巫女の説。
「棚機の今夜あひなばつねのごと明日をへだてて年はながけむ」
 (万葉集 大伴家持(おおとものやかもち))
飾りつけのくす玉は仙台が発祥地。
仙台では古くから干ばつや冷害などによる飢饉が多かったので
天災を祓う目的で短冊に祈りをこめた。

[二人のデート]
織姫と彦星は一年に一度、ほんとにデートできるか?
織姫星は、こと座のベガという星で0等星
地球からの距離は25光年。
一方のひこ星は、わし座のアルタイルで1等星
地球からの距離は17光年。
この二つの星の間の距離は約16光年あり
光(秒速30万km)で走っても16年かかる。
よって1年に1度のデートは光より速く
思いの丈でタイムトリップしないと間に合わない。



  【クメール】
    『七夕の雨に思う』 七夕に流す涙は、滂沱(ぼうだ)たり・・・。


   ↓ブログランキングの応援クリック↓
   よろしくお願いします
    FC2Blog Ranking  
自己啓発 ブログランキングへ

【クメール】を通じあなたに伝えたいこと【クメゼミ塾長】


クメゼミ参加してみませんか?申し込みや詳細内容はこちらをクリック


<<【クメゼミ出前セミナー】として奈良市で開催します テーマ : あなたの悩みを解決します!! | ホームへ | 【クメール】 『教育とは、教え教えられ』>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kumeiso9004.blog.fc2.com/tb.php/4851-561cb2ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)